湘南美容外科の面接内定率を知り、3つの対策を立てる!

湘南美容外科 内定率

内定の予備知識

バイセル 評判 最新レビュー ugc

 

  1. 内定通知書が届いただけでは、内定が決まったとは言えない。
  2. 応募者が承諾をすると、入社を拒否できない。
  3. 応募者が承諾しない状態で、現職を辞めないこと。

内定とは、面接済みなどの採用候補者に対して、募集企業側から、申し込む雇用契約の条件付き意思表示です。

 

内定通知があってかつ内定通知書にある承諾書に、応募者が承諾をすることで、はじめて雇用契約が、条件付きで有効となります。

 

応募者が承諾をすることで、はじめて雇用契約が、条件付きで有効なることを、内定が決まるといいます。

 

 

内定通知だけでは、募集企業側の内定としての申し込みがあるだけで、雇用契約そのものが、有効となるわけではない点に要注意!

 

上記の正式な内定の効果は、労働契約上の労使関係が、始期条件付きで開始することを意味します。

 

たとえば、10月に面接して、翌年の2月に入社する内定だと、2月になることを条件として、雇用契約が締結されたことになります。

 

この意味での内定が決まると、採用者側は、合理的理由がないかぎり、2月での入社を拒否できないのが原則です。

 

 

内定通知だけで現職を辞めてないように注意!

入社時期で折り合いがつかない状況で、内定通知に対して、応募者が承諾しないと、内定は決まっていない、ということになります。

 

内定が決まっていないのに、応募者が、内定通知だけで現職を辞めてしまうこともあるので、要注意です。

 

この場合は、上記の例ですと、募集病院や企業は、いつでも入社を拒否できるからです。

看護師さんの面接の内定率を知って、対策をたてる!

湘南美容外科の看護師の内定率のポイントのメモ画像

  1. SBCの看護師さんの内定率は、推定50%前後。
  2. 一般病院の看護師さんの内定率は、80%前後。
  3. 30%の差は、サービス業を意識しているかどうか!

 

公式に発表されていないですが当サイトでデータをとった結果、看護師さんの内定率は、推定50%前後です。

 

診療報酬型の病院への転職の内定率が80%以上あることから、SBCの内定率との差が30%前後あります。

 

この差の本質は、SBCへの転職が、サービス業への転職である点に求められます。湘南美容外科への転職を希望する看護師さんの90%以上は、サービス業への転職が初経験となります。

 

 

すると、医療従事者としての看護師さんが、サービス業としてのSBCの社員として、、SBCの理念に照らし、サービス業の原点としての感覚を持ち合わせているか?が問われます。

 

例えば、細やかな気遣いや、自然な笑顔です。

 

結果として、サービス業に耐えうるだけの感覚が、不十分な看護師さんが、内定に至らないことになります。

 

応募資格ぎりぎりでスキルに不安を感じる看護師さんへ

 

SBC湘南美容クリニック求人サイトのよくある質問コーナーに、以下の応募条件があります。

 

https://www.sbc-recruit.com/graine/faq/top
より引用

 

応募資格について
正看護師
@臨床経験 満2年?満3年
A臨床経験4年目以上
准看護師
B臨床経験4年目以上

 

臨床経験の定義について
下記の科目を臨床経験としてカウントします。
※いずれも常勤の場合(日勤・夜勤専従は問いません)
・メイン所属が病棟
・手術室
・透析室
・集中治療室(ICU・CCU・NICU)
・医療センター
・がんセンター
・クリニック(病床有の場合)
・救急外来

 

上記を満たす方は、是非ご応募をお待ちしています!

 

以上まで引用

 

 

 

ポテンシャル(潜在能力)採用の枠組みを利用すると、内定率がぐんと上昇

バイセル 評判 最新レビュー ugc

  1. ポテンシャル(潜在能力)採用の枠組みを利用する。
  2. 候補者の持つ行動・思考パターンなどから将来性を評価
  3. 合格させる明確な評価ポイントが欠けていても内定・入職

 

応募資格を満たしているか?ぎりぎりの看護師さんや、スキルに不安を感じる看護師さんは、ポテンシャル(潜在能力)採用の枠組みを利用すると、内定率がぐんと上昇します。

 

 

ポテンシャル(潜在能力)採用とは、合格させる明確な評価ポイントが欠けていても、候補者の持つ行動・思考パターンなどから将来,自社にもたらされるであろう成果に期待しての採用を意味します。

 

まだ磨かれていない「原石」をどれだけ見つけることができるかが、採用の腕の見せ所です。

 

 

SBCの競合他社と奪い合うこともない。

湘南美容外科の看護師の内定率を挙げるには?

  1. スペックの高い看護師さんの確保にリスク!
  2. 候補者の持つ行動・思考パターンから将来が見込める!
  3. 合格させる明確な評価ポイントがない看護師さんも合格!

スペックの高い看護師さんは、共立美容外科など、SBCの競合他社との奪い合いになります。

 

結果として、スペックの高い看護師さんは、SBCを蹴って、競合他社へ入職することもあります。

 

SBCは、このような、スペックの高い看護師さんの奪い合いのリスクを知っています。

 

本来、業界最大手のSBCにとって、看護師さんの確保は、至上命題となります。

 

そこで、合格させる明確な評価ポイントがない場合でも、候補者の持つ行動・思考パターンなどから、将来の成果に期待できると判断できる候補者さんに限り、書類も面接もパスして、内定にいたります。

 

SBCも人材紹介の力を借りる。

磨かれていない「原石」=合格させる明確な評価ポイントが欠けていても、候補者の持つ行動・思考パターンが優れているかどうか?は、採用のプロでないかぎり、見分けがつかないケースがほとんどです。

 

そこで、SBCでは、パートナーシップを結ぶ人材紹介から、ポテンシャル(潜在能力)採用の候補として、看護師さんの紹介を受けます。
以下 SBCの人事部のブログで人材紹介について触れた記事です。

 

当院にとってはもちろん直接応募いただくのが一番ありがたいですが紹介会社さんの持っているネットワークを活用することは否定しません。

 

以下 SBCの人事部のブログで人材紹介について触れた記事です。

 

当院に対して実績のある会社/担当者だと、理想的です。精度が良いに関しては、ズバリどこ!とは言いたくても言えないのですが、ひとつの指針だけ申し上げると当院の採用情報の更新に合わせて情報をしっかりキャッチしている会社さんがいいと思います。

 

SBCとパートナーシップを結ぶ人材紹介を見てみる

 

SBCへの100%正式な内定をとる3つの対策!

バイセルの悪評19選 習字 ugc

  1. 面接 とりせつ
  2. 志望動機の最適化
  3. 笑顔
@面接 とりせつ A志望動機の最適化 B笑顔の3つの対策で、内定率100%を目指せます。

 

@の面接 とりせつとは、湘南美容外科の採用サイトで公表している面接マニュアルです。

まずは、このマニュアルに沿って、面接の準備を行います。

 

詳しい「面接 とりせつ」の内容は、こちら

 

Aの、志望動機を最適化するとは、動機の要素をSBCの待遇から、仕事の生きがいへと、シフトさせること。

 

 

看護学校では、急性期の病床看護の指導が基本です。したがって美容外科に関する業界や技能の授業は、一切行われていないです。その結果、新卒就活では、一般病院への入職がほぼ90%以上です。

 

すると、美容外科への転職は、SBCも含めて、未経験の業種・職種への転職となります。

 

「やりたいことや価値観の整理」「キャリア・スキルの棚卸し」などの振り返りに関わる事柄は、SBCの面接トリセツを参考に整理できます。

 

ただし、「転職理由やその業種・職種を志望する理由を考えること」などは、美容業界の動向、その動向の中でのSBCの評判などが、情報として入ってこないと、説得力のある理由として構築することが困難です。

 

ところが、このような美容業界の情報そのものは、SBCの面接トリセツの情報だけでは、不十分です。

 

そこで、専門家の力を借りて、美容業界の動向を情報としてアップデートします。

 

すると、転職理由、志望動機を深堀りすることができます。

 

その結果、「なぜ?何ができるのか?」という質問が面接中のどこで聞かれても、慌てずに対応できる素養を身につけることができます。

 

専門家によって、今現在、あなたの置かれている看護のキャリアに照らし合わせつつ、美容業界の動向を説明してくれるからです。

 

 

SBCの面接シナリオをいっしょに考えてくれるSBCのパートナーエージェント

 

 

 

 

Bの笑顔は、口角が頬の上にあがる笑顔の練習をすることです。

SBCの採用サイトによると、面接では、サービス業にふさわしい笑顔ができるか?初対面でチェックされます。

 

サービス業の模範といわれた、帝国ホテルの笑顔は、日本一と言われています。

 

この帝国ホテルの伝説の笑顔は、割りばしを使うエクセサイスで、1週間で作れます。
SBCの面接へいく前の1週間で、作れます。

 

SBCの面接へいく前の1週間でできる口角の上がった笑顔の作り方
https://soeasy.tokyo/movies/15813

page top