湘南美容外科の面接を受けて落ちたという人の原因は?

価値観が合わない、または、センシティブな感覚がない応募者が面接で落ちる


上記画像は、https://generated.photos/ より引用

面接で落ちる原因は、書類選考などの筆記で落ちる場合とは、異なる原因があります。
実際に、面接官と対面することで、審査されてしまったことの中に、要因があります。
書類などで言語化できない要素を面接では、細かく審査されています。
湘南美容外科発行の面接とりせつに準拠した経歴書を作成しさえすれば、本当はミスマッチなのに、面接にパスしてしまうことを危惧しているからです。

今すぐに、湘南美容外科「とりせつ」を読みたいあなたはこちら

 

 

看護師、看護助手、受付、カウンセラー共通

 

「医療業であると同時に、、お客様の美容上の課題を解決するサービス業である」という湘南美容外科の理念では、医師、看護師、看護助手などの医療従事者も、受付やカウンセラーなどの非医療従事者も、同様に、サービス業に従事するビジネスパーソンとして、初対面の印象が要求されてきます。

 

初対面の印象などサービス業として重視される要素

 

 

笑顔は、人とコミュニケーションする際の武器であると同時に、人を幸せにするツールであり、
相手の気持ちを開示するツールです。初対面でも笑顔ができていることが、最低限の条件です。

 

また湘南美容外科は、医療業であると同時にお客様の美容上の課題を解決するサービス業です。

 

サービス業にふさわしい髪型や色が要求されます。身なりや服装も、面接という場に、常識的にふさわしい格好が、求められます。

上記画像は、https://generated.photos/ より引用

 

初対面の印象以上に重要なポイント 看護師などの医療従事者

 

 

かつての湘南美容外科の人事部ブログでの記事です。医療従事者のあるべき姿が語られています。

 

 

医療はとかく、センシティブ(機微で慎重を要する)なものです。
診療にあたりお客様は、こころとからだの弱い部分を
医療従事者にさらけだすことになります。
自分がお客様の立場に立った場合を考えると
当然、無神経な方や思いやりの足りない方には
相対して欲しくないと思います。

 

細やかな心遣いや、さりげないしぐさが大事で
お客様は、そういった部分にとても敏感です。

 

面接をさせていただく中ですら
社会人としてのマナーや、ちょっとした心遣いが欠けているなぁと感じる方は
実際に一緒に働いた際には、より一層それが顕著に出るかと思います。

 

スキルは研修の中で身に付けられますが
ハートは相当の外圧が加わらなければ(加わっても)
そうそう変わるものではないと思います。

 

 

看護師などの医療従事者は厳格に審査

細やかな心遣いや、さりげない仕草をも面接で審査されているんで、湘南美容外科とのミスマッチは、起きない仕組みになっています。

 

この審査は、医師や看護師などの医療従事者は厳格に審査されています。

 

 

機能的スキルや能力のマッチング例えば、外科的スキルが備わっているか?も重要ですが、湘南美容外科の理念である患者さんよし、クリニックよし、地域よしの三方よしは、スキルマッチよりも需要です。

 

応募者が、理念にマッチしているか?は書類でも形式的に審査されます。
面接では、より実質的に立ち入った形で、審査されます。

 


しかし、このセンシティブな細やかな心使いや、さりげない仕草に患者さんは敏感で。相対する人へ機微を読み取るセンシティブな感覚を持ち合わせているか?は、理念と並べて、重要な要素として、面接で審査されます。

 

センシティブで細やかなしぐさは、書類では、審査になじまないからです。

 

機能的スキルは、あとから、研修などを通じて、ついてきます
価値観やセンシティブな感覚は、あとから、ついてきません。
価値観やセンシティブな感覚は、長い月日を経て、形成されるものだからです。

 

 

価値観やセンシティブな感覚が、湘南美容外科にマッチしていないと判断された看護師さんや医療従事者さんは、面接で落ちたという結果が出ることになります。