バランシングゲル格安&激安&最安値 ナチュラルコスメはどこまで信頼できるか?

ナチュラルコスメとは?

 

ナチュラルコスメとは明確な定義がなく曖昧な概念です。

 

類似の概念にオーガニックコスメという概念がありますが、オーガニックコスメとは、植物や天然鉱物(ミネラル)など自然の力を利用し、石油由来のケミカル物質、合成防腐剤、タール色素、合成ポリマー・シリコーンオイル、そしてこれがかなり難しいのですが、たとえ植物性でも合成界面活性剤を一切使っていないコスメという定義になります。

 

自然に生息する植物由来をナチュラルと考えると植物性の合成界面活性剤は、植物由来である以上、人によっては、ナチュラルコスメの成分の一種として、考えても良いとの見解も成り立ちます。また極論すれば、大麻も植物である以上、大麻の入ったコスメもナチュラルコスメの一種とも考えられてしまいます。

 

結局反対の概念であるケミカルコスメの成分である人為的な合成の化学物質が含まれていないコスメで、合法的に組成されたコスメというという消極的な定義しかできないのが、現実です。
この定義では、植物性の界面活性剤入りコスメは、ナチュラルコスメの一種となります。

 

 

問題は植物由来であれば、お肌に安心と言えるか、どうかです。

 

無添加化粧品がナチュラルコスメ・自然派化粧品とされる風潮

 

ナチュラルコスメのこのような曖昧な定義と関連して、いわゆる無添加化粧品と呼ばれるものがあります。

 

旧薬事法上、化粧品に使用してはならない成分を指定成分として、定めていました。この指定成分にお中には、毒性の強い防腐剤や香料が入っていました。

 

その成分を使用していなければ、無添加の化粧品として、宣伝するメーカーが増え出したのです。現行の薬事法は、化粧品、に使用する成分は、全て表記しなければならないという規定に改正されました。

 

その代わり、全成分表記さえされていれば、個々の成分について、問題がない旨の証明がなされなくとも、化粧品として、認可される仕組みに変容してしまいました。結果として、一般消費者にとって分かりにくい成分でも、すべて表記されておれば認可され、商品化されてしまうのです。

 

旧薬事法の禁止する指定成分が、使用されていない代わりに、毒性の高い成分が混入されていても、無添加化粧品とネーミングされました。現在の自然志向ブームに支えられて、無添加ブームが到来したのです。

 

そこで問題となるのは、旧薬事法の禁止する指定成分である防腐剤や香料のはいっていない無添加化粧品は、果たして肌にとって健康的と言えるかどうかが、問われます。

 

 

指定成分である防腐剤や香料のはいっていない無添加化粧品の意味するものは?

そもそも化粧品のあるべき姿とは、高齢者や、女性の肌の皮脂を補うことを目的とし、成分も人の皮脂にできるだけ近いものが、それこそナチュラル化粧品というべきです。

 

人の皮脂に近いものであれば、人の皮脂に住んでいる皮膚常在細菌を生かす栄養素を、肌の上に残すことを意味します。

 

皮膚常在細菌とは、人の皮膚に住んでいる乳酸菌群のことです。この細菌は、酸を産出して、この酸によって肌の表面は、弱酸性が維持できます。

 

この弱酸性によって、外部からの異質物の侵入を酸で殺していく機能を果たします。この機能によって保湿を維持し、肌に艶を与えることに資することになります。

 

人の皮脂に近いものであれば、様々な油分で組成されています。これらの油の種類によっては、時間が経過すれば、腐敗してきますし、腐敗が生ずれば、臭いを出します。

 

にもかかわらず、防腐剤も香料も入れていない、コスメとは、腐ることのない合成ポリマー、合成樹脂、によって組成されている化粧品を意味します。

 

合成ポリマーの配合が、最も少ないバランシングゲルはこちら