脱毛新宿       裏ワザ利用法1

裏ワザ利用法

 

「勧誘された」と感じる人の感覚は、かなり個人差があります。部分脱毛の1回当たり施術単価が数百円とい広告を出しているサロンは、その広告が集客目的で出した広告企画ですので、当然他の全身脱毛コースを勧誘しないと企業としてのサロン経営の継続が困難となります。サロン側としては宣伝で集めたお客さまに、営業活動するのは、正当な行為なのです。多少の勧誘は聞いてあげましょう。

 

ここで回避すべき「勧誘」とは、断っても断ってもしつこく契約を迫る訓練された営業トークを使った営業手法を意味しています。
一昔前の脱毛サロンでこのような営業をするサロンが多かったです。が現在では消費者保護の法律で規制されていますのでこの様な営業をするサロンはそれほど多くはないはずです。

 

断っても断ってもしつこく勧誘するサロンは、口コミでも複数の人から何回も書かれるはずなので、そのようなサロンは要注意店としてしっかりチェックしましょう。

 

それでも勧誘が、熱心で断りにくくなってしまった場面に遭遇してしまった場合の断り方を以下トークで書いておきます。

 

店員

 

「お客さまのお肌は、乾燥系のお肌なので、キャンペーン企画の脱毛手法ですと、お安いコースなのでお肌を荒れさせてしまう可能性があります。

 

ですので、本コースの脱毛コースでお肌のトリートメントを図りつつ、無理のない脱毛をされることを提案させていただきます。」

 

あなた

 

「私のために提案していただいて、うれしいのですが、実はこちらと違う部位で他のサロンでもキャンペーン脱毛を申し込んでいて、そちらでは特になにもいわれていないので、今度そちらのサロンでもお肌のことを相談してみます。

 

もし同じように肌のことで提案があるのであれば、そのときにこちらのコースと比較検討させてください。

 

 

もしなにも提案がなければ、キャンペーンで何回か試してみて、こちらのサロンの本コースか、もうひとつのサロンの本コースに

 

決めたいと思うので、そのときまで、よろしくお願いします。」

 

※もうひとつのキャンペーン脱毛をしているサロンの名前を店員が聞いてきたら、「それはちょっと言えません」といってかわします。

 

もうひとつのサロンでキャンペーン脱毛しているというのが、うそでもかまいません。

 

店員はとにかく何かにかこつけて、本コース(最低でも10万円くらいするコース)を勧めてきますので、このトークでかわしてください。

 

ではこころの準備はできましたか?

 

カウンセリングの無料カウンセリング予約

 

まずは、ほとんどのサロンがカウンセリングの無料Web無料カウンセリング予約から始まります。その後前日までの間にサロンから確認の連絡が入ります。

 

Web無料カウンセリング予約では、カウンセリングの希望曜日・時間その他必要事項を記入します。

 

カウンセラーがあなたのお肌やムダ毛のタイプをカウンセリングしてくれます。

 

カウンセリング無料Web無料カウンセリング予約はこちらから

 

 

銀座カラー


 

 

脱毛ラボ


 

 

ミュゼプラチナム


 

 

 

.

キャンペーン体験中の勧誘関連ページ

キャンぺーン施術2回目の予約