新宿脱毛なら口コミ脱毛での優良クリニックサロン情報

脱毛とは

【脱毛とは】
脱毛(だつもう)とは、ムダ毛を意図的に除去することであり、美容あるいは身だしなみの視点から行われる。光脱毛、ワックス脱毛、針脱毛、レーザー脱毛、脱毛機など各種の方法がある。

 

かつては女性による脱毛が主流であったが、近年は男性も行う事が多い。

 

ムダ毛を除去するためには、カミソリを用いて剃毛する、クリーム状または泡状の除毛剤を用いて除毛をすることなどがあるが、脱毛は毛を毛根から抜くことを指し、毛抜きなどを使ったり、ワックス脱毛のように多くの毛を同時に毛根から抜くという方法がとられている。毛抜きなどにかわり、電動の脱毛器具も市販されている。

 

技術の進歩によって、光の熱を利用して毛母細胞を壊し、ムダ毛が生えないようにするフラッシュ(光)脱毛や、直流もしくは高周波の電流によって毛根の組織を破壊して毛の再生を阻止する針脱毛が用いられるようになり、さらにレーザー脱毛のように赤外線の熱エネルギーによって、短時間で多くの毛根を同時に破壊することが可能になった。

 

【脱毛の歴史】
現在のような器具や脱毛塗剤を用いるか否かに関わらず、脱毛そのものは、考古学的には2万年ほど前から鋭利な石器や貝殻を用いて削り取るように剃っていた、と推測されている。

 

脱毛塗剤は美観や宗教的な目的で紀元前4?3世紀の頃より存在し、香料を混入した粘り気のあるペースト状態の油脂や澱粉を肌の上に転がして脱毛する方法は、現代においてもムダ毛を不浄と位置付けている宗教で婚姻の際などに花嫁に用いられている。また、溶岩が硬化する段階で火山ガスを放出して生成された、微細な気孔を多く持つ軽石や火山灰を混入した練り物も存在し、微粒子が摺り合ってムダ毛の切断や除去に用いられている。紀元前3世紀頃のシュメール人はピンセット若しくは毛抜きを用いて脱毛し、古代アラビア人は縄をムダ毛の上に転がして縄目の撚りを利用して脱毛していた。紀元前300?100年頃のものとされる古代ギリシアの出土品の中に青銅製のピンセットが現存する。
平安時代(8?12世紀)の日本では、表面が滑らかで、同種の貝でさえも別のものでは決して合わない二枚貝のハマグリの外縁部を使い、額の生え際を整えるため毛を抜いていた。ちなみに額の生え際の何らかの脱毛処理は13世紀頃の英国でも行われており、女王の肖像画から脱毛の存在を推し量ることができる。