新宿脱毛なら口コミ脱毛での優良クリニックサロン情報

サロンに行く時のNG行動

【フラッシュ(光)脱毛のからくり】

 

フラッシュ(光)脱毛とは、光の熱を利用して毛母細胞を壊し、ムダ毛が生えないようにする方法です。

 

この光の熱は、ムダ毛にたくさん入っている毛根細胞の毛根細胞のメラニン色素に吸収されるので、ムダ毛の剃り残しがあまりに多いと、火傷の原因となってしまいます。

 

同じ理由から脱毛エステサロンで光脱毛ができないケースでよくあるのが日焼けです。

 

日焼けをして肌が黒くなってしまっていると、どうしても光脱毛はできません。
なぜなら、肌が黒くなることで、付着した毛根細胞の毛根細胞のメラニン色素が、光脱毛の光を吸収してしまい、火傷をしてしまう可能性があるからです。
よって、施術による火傷を避けるために、日焼けは大敵になるわけです。

 

【フラッシュ(光)脱毛の際の留意点】

 

ムダ毛が毛母細胞から残っている必要がありますので、施術前のムダ毛の自己処理として、毛抜きやワックス脱毛はやってはならないことになります。
また、日焼けをしてしまうと、そこに光の熱が行ってしまうため、これもやってはならないことです。